忍者ブログ
[1375]  [1374]  [1373]  [1372]  [1371]  [1370]  [1369]  [1368]  [1367]  [1366]  [1365
パワースライド2012年モデルフレームVI(Virus&6ジェネレーション)が4月日本上陸!これが、究極のフレームです。世界のトップは、グリップ性と高速性の両面で常に模索しながら、進化している。グリップ性を高めるためにはシナリが必要、一方で高速性を重視するには、ソリッドな剛性が必要になる。近年ウィルが大径化していることにより、その「微妙なセンス」に世界のトップが注目している。如何に速く、コナーを征服するのか!
ウィルに関して言えば、サブハブ(HC)方式で軽量化を図り、EMTにすることで、ウィルのハブ自体にシナリを施し、T2加工で、ウレタン部分にシナリを施すことで、HCのハブとの統合でG13が誕生した。一方でフレームも、押し抜き方式、マルチ・ヴォイド方式、マグネシウム、一塊からのCNC加工と進化しているが、その到達点が、個々の適正にあわせた設定。状況に合わせた設定と、カスタマイズできるフレームである。G13で、ハブの剛性が高いHCにフレックスのウレタン、それをホールドするフレームが必要になる。ここで、ショートトラックの応用にもなるのが、R(曲げ)。コナーを攻める時には、その角度が欲しい、でもフレームにRをつけることは出来ない。という発想からVIのパーツが誕生したというもの。いずれにせよ、自分の滑りにあった、状況にあった設定を見出すこと。あるスケーターが、「これってちゃっちぃ~」ってつぶやいていたけど、彼は、まだまだですね。価格は、キット付きのフルパッケージは54,600円本社業務方針により、フレームだけの販売は行いません。メールでの予約(info@i-skating.com)承ります。

 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
TiMELESS management
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
注目のパワースライド製品、ルィジーノ製品、トランスパック製品をご紹介します。
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]