忍者ブログ
[325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315


ホローコア(中孔)技術、EMT技術、ソニック・ウェルド技術などなど、2003年のデビュー以来、インライン界を代表するウィルのマター。そのマターを生み出した「ニール・パイパー」氏と、世界チャンピオンのケーロンのインタビューがこれ↓。

PowerslideTV - Matter Wheels

2009年版のウィルを手に、更に進化した新しい技術ついてコメントしてくれています。

09年版は、ハブの色がチャコールになり、パワフルなスケーター向きのノーマル・タイプのHC(ホロー・コア)と、高い振動吸収性でフレックス・タイプのEMTと展開し、そしてグリップ力、フレックス性を一層向上させたコードレッド、XGが「コンパーチブル」仕様で登場します。
その「コンパーチブル」とは、PU(ウレタン)内部のハブの構造を改良し、PU表面全体がスムースにしなり、どの面をとっても接地面と滑らかに接地するというもの。。。文章での説明は難しいけど。。。上のバナーに見られるように、「ウィルのしなり」がいい感じになるような構造なんです。もし良かったら断面切って観てみます???
加えて、「イミッジ」の存在。同じPUながら、ソリッド・タイプのハブを使用することで、比較的安価版で市場に提供できるというもの。いいパフォーマンスのウィルが一般にも楽しめるっていうわけ!

09年モデル。。。日本でのリリースは。。。。渡良瀬前かな?乞うご期待!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
TiMELESS management
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
注目のパワースライド製品、ルィジーノ製品、トランスパック製品をご紹介します。
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]