忍者ブログ
[775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765

あれ?日本の国旗が無い!そうなんです、まだ日本からの参加者がいないんです。ということで、現在ひそかに、一部の年輩さんの間で盛り上がっているのが「世界スピードスケートマスターズ選手権」への参加なんですね。

発端は、この夏、世界スピードスケートマスターズ選手権の北米地区を取りまとめている担当の方と話しをする機会があり、日本から誰か参戦しない?日本で開催できない?などの依頼があったことから始まって、いろいろな方に相談させてもらい、今季なんと数名の年輩の選手の方々が、オランダ・ヘレンヴェーンで開催される世界スピードスケートマスター選手権の最終戦に参戦することになりました。

何故、最終戦に?

世界スピードスケートマスターズ選手権では、2大イベントであります。スプリント選手権(アメリカ・ミルウォーキー)、オールラウンド選手権(イタリア・ピネ)で、過去の大会では300名ほどが集まる大きな大会です。下は20代から、中には70代、80代の選手もいます。半分は以前トップクラスで活躍していた選手。あとの半分は、オリンピックなどの刺激を受けて30代、40代から始めた方々など、いわゆるスケート大好きな方々。大会は、スケート愛好家の集まりで、同窓会にもなり、笑いありで、またISU公認の大会なので、5歳単位でのタイムが記録として残ります。70歳の世界記録なんていうのがあります。

詳細のカレンダーは以下のリンクを見てください。残念ながら日程的には、日本でのマスターズの大会とダブっているので参戦が難しく、結果3月下旬の世界オールラウンド選手権の週に開催されるオランダ大会に行こうということになりました。オランダでの大会の雰囲気を知っている方は日本ではほとんどいないでしょう。だからこそ、実際に現地で、日本からの先輩の選手が、滑って、雰囲気を感じで・・・日本に持ち帰って、今度は日本での開催ってことに繋がればと思っています。

現在、愛知県のS氏、徳島県のB氏、三重県のK氏の3選手が既に申し込み完了。そして。。。埼玉のS氏、長野のA氏は、検討中。日本からの参戦者は、特別優遇対応なので、ご興味のある方は、是非連絡ください。

カレンダー 2009-2010
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
TiMELESS management
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
注目のパワースライド製品、ルィジーノ製品、トランスパック製品をご紹介します。
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]