忍者ブログ
[511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501


アメリカ、ソルトレークのオリンピックオーヴァルで、6日、7日の2日間の日程で行われているワールドカップの最終戦。その初日シャニーデービスが、1500mで遂に前人未到の1分41秒台に突入した!カナダ代表ダニー・モリソンの持つ1分42秒01を0.21秒更新する「1分14秒80」の世界新記録を樹立し、今季WC種目総合優勝で最終戦を終えた。2位はアメリカのトラヴァー・マルシカーノが自己記録を3秒近く上回る1分42秒31。3位は全世界記録保持者となったダニーが1分42秒56。チャドは、1分42秒95で5位。

そのシャニーは、昼過ぎに始まった予行演習(?)ともいえる500mでは、34秒78をマークし、自己初となる34秒台に突入していた。間に女子の1000mがあって、本日2種目となる1500mでの世界新!凄いね。で、一発勝負となった男子500mでは、逆転で総合優勝を狙った長島選手は直接対決で惜負。記録は、自己ベストとなる34秒56をマークするも表彰台を逃した。中国の于鳳桐(ユ・フェントン)が34秒37で制し、WC総合優勝を獲得した。2位は、韓国のリー・キョウ・ヒュク選手が34秒38で入賞。

女子1000mでは、ドイツのアンニ・フリージンガーが1分13秒86で優勝。流石ベテラン復活しましたね。吉井選手は1分14秒05の自己ベスト&日本記録を叩き出し、今季WC最終戦で初の表彰台をGETした。

女子3000mでは、世界女王チェコのマルティナ・サブリコヴァが3分58秒62でダントツの優勝。穂積選手は、4分5秒36で10位だった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
TiMELESS management
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
注目のパワースライド製品、ルィジーノ製品、トランスパック製品をご紹介します。
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]