忍者ブログ
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
ブログをご覧になられた方々から「S3ブーツ」に関するいろいろなお問い合わせがありましたので、説明補足します。まず、フリースケートを愛用されている方にとって、パワースライドがリリースする「S3ブーツ」は、今までのフリースケートの感覚(イメージ)を一新することになります。(覚悟していてください!)
しかし、これがこれからのフリースケート界の動きです。全く新しいコンセプトです。(ビリーヴ・ミー)
 
たとえば、「マーヴェン(Maven)」のようにハードシェルにソフトなライナーのセット、もしくは「セル2(Cell2)」のようなソフトブーツでもハードブーツのフィット感を展開したセットが今までのフリースケートの主流でした。昨年リリースしたC8に続いて、スピードスケートの技術を導入した「足にフィットする」フリースケート靴として今年はS3を市場投入します。「足にフィットする」感覚ですが、S3のシェル自体が足型で成形されているため、足がしっかりと固定され、すっぽりと足が納まる感覚です。いわゆる、シェルとライナーが一体になっていることで、ライナーの遊びもなく、指定サイズ毎にシェルが形成されているが特徴です。
 
PS_FSK_S3Boots.jpgサイズに関しては、スピードスケート靴の選択と全く一緒です。S3靴のサイズ選定は、今自分が履いているスニーカーのサイズがそのままS3のサイズになります。基準は、EUサイズになります。以下がサイズの変換表(参考値)になります。
38=23.5~24.0cm
39=24.0~24.5cm
40=25.0cm前後
41=25.5~26.0cm
42=26.5~27.0cm
43=27.5cm前後
44=28.0cm前後
残念ながら、EUのハーフサイズはありません。
(詳しくは、別途リンク参照ください。http://www.i-skating.com/inline-boots-size.html
 
また、「サイズはどうかな?」「自分の足が靴に合うかな?」など靴を選ばれる際によくある質問ですが、最近のスピードスケート靴は、本当に進化しています。素材、加工技術、デザインなど毎年進化し続けており、比較的「甲高、幅広、フラット」に成形されたスピードスケートスタイルのシェルが特徴です。加えて、革新的な素材の進化で、熱成形することで少々のあたりを逃がすことも可能なくらいです。
今回、パワースライドが「S3」をフリースケートに展開した際も、スピードスケート靴をそのまま展開したのではなく、フリースケートの滑りをわかった選手が、スピードスケート靴をベースにフリースケート用に仕様にアレンジし直した会心作なのです。
 
フレームとの互換性に関しては、S3は、UFS仕様ではありません。スピードピッチ仕様です。Cell2は、UFS仕様で、シンジケート・フレームなどの前後フラットなフレームが適応しますが、Maven、S3は、前後ピッチ11mmのスピードスケート・フレームが適応します。スピードスケートピッチ仕様がフリースケート界にも既に展開されており、他社のフレームでも互換性があります。前後間ピッチは165mmです。もしS3ブーツのみの購入を考えており、手持ちのフレームに搭載されたい方は、フレームのモデルを教えてください。こちらで互換性をお調べします。

ご質問があれば、info@i-skating.com へ遠慮なくメールください。
また、詳しくは、www.i-skating.com 又は、www.powerslidejapan.com をご覧ください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
TiMELESS management
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
注目のパワースライド製品、ルィジーノ製品、トランスパック製品をご紹介します。
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]